プロフィール

Yama

Author:Yama
25歳。
1年くらいいろんな国を回ります。
西回りでアジア~中東~アフリカ~南米あたりを。

の、予定でしたが、大分違います。

最新トラックバック
アクセス数
PVランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

37

Phnom Penh (プノンペン) The Killing Field and S21(トゥールスレン)

IMG_1389.jpg

プノンペン2日目


ここでは、キリングフィールドと、トゥールスレン博物館のみ回りました。


ちょっと残酷な話とか写真も含まれるので、ダメな人は、飛ばしてくださいね。


ポル・ポト政権時代に大量虐殺が行われ、全人口約800万人の内、約300万人の命が失われました。


同胞によって同胞の手で、何の罪もない人達が虐殺された歴史をこの目で見ておきたかったので。


ざっくり歴史を話すと、こんな感じ。
細かいところは違うとこもあるかもですが。


ベトナム戦争の火の粉を浴びて、カンボジアに被害が及びます。


カンボジアが疲弊したころ、ポル・ポト政権が誕生し、ポル・ポトが絶対的な地位を持ちます。


ポル・ポトは行き過ぎた共産主義を目指し、都市部に住む人達、僧侶、教師など、学識がある者達または、学識があると思われる者、これから身に付けると思われる者を、女子供問わず虐殺します。


ポル・ポトの配下の兵士達は皆、農村部の貧しく知識が無い人達ばかりで、カンボジアが疲弊している原因は都市部の人達が原因だと教え込まれていたとのことです。


虐殺が始まると、都市部の人達は収容所や強制労働所に移動させられ、強制労働で命を落とす者もいれば、その後処刑場に連れて行かれ、殺された人達もいます。


処刑場はキリングフィールドと呼ばれ、カンボジア全土に300箇所以上ありました。


プノンペンでは、その中の一つが保存されています。


これが、キリングフィールドの内部です。
IMG_1417.jpg

建物はポルポト政権解放時にほとんど壊されてしまいました。
ここは、多くの遺体が投げ込まれた穴の跡です。

当時は、深さ5m程あり、後に、この穴が発見された時、遺体からの腐臭とガスで
充満していたそうです。


音声ガイダンスを聞きながら、回りました。
各国の音声ガイダンスがあります。


とても、残酷で、悲しい歴史でした。


目頭が熱くなるほど、悲しい光景です。


これはキリングツリーと言われ、産まれたばかりの赤ん坊がここに叩きつけられ、殺されました。
IMG_1419.jpg



人骨や、当時の方が来ていて衣服、処刑に使われた道具もあります。


処刑には、銃弾は高いため使わずに、ナタや、ハンマー等の鈍器を使っていたそうです。


本当に言葉がありませんでした。



その前に、トゥールスレン博物館にも行きました。
IMG_1389.jpg


ここは、収容所で、元々は学校だったようです。


各部屋にはベッドと、足枷があります。

IMG_1391.jpg


当時の写真も多く見ることが出来ます。


本当に、悲しい歴史で、あまりにも残酷な光景でした。


思い出しながらブログ書いているだけで、目頭が熱くなります。
今回はあまり写真は撮らなかったです。


自分の中で消化するのにはまだ少し時間がかかりそうですが、
実際に見ることができ、良い経験になりました。


歴史の知識が浅はかで申し訳ないですが、詳しくはご自分で調べると良いかと!


明日はホーチミンですー。
ついにベトナムです!


世界一周ブログランキングに参加中なので、気が向いたらクリックしてみてください^^↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。