プロフィール

Yama

Author:Yama
25歳。
1年くらいいろんな国を回ります。
西回りでアジア~中東~アフリカ~南米あたりを。

の、予定でしたが、大分違います。

最新トラックバック
アクセス数
PVランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

  1. まつだ

    まつだ

    2014-07-15 (Tue) 13:03

    Facebookでなぜかコメントできないのでこちらで。

    元気そうでなによりです。
    あそこの連中は職場で見ているやつが多いので
    まあコメントとかはできないんだけど、
    皆ちょくちょく訪れていますよ。

    沈没、楽しみに待っています。
  2. Yama

    Yama

    2014-07-17 (Thu) 12:10

    まつださん!
    嬉しいです!ありがとうございます!
    ちょくちょく更新するので、これからもぜひ楽しみにしてください^ ^
    たぶんキルギスで沈没して、サウナ行きますw


    > Facebookでなぜかコメントできないのでこちらで。
    >
    > 元気そうでなによりです。
    > あそこの連中は職場で見ているやつが多いので
    > まあコメントとかはできないんだけど、
    > 皆ちょくちょく訪れていますよ。
    >
    > 沈没、楽しみに待っています。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

64

理塘〜甘政(Ganzi)〜色達(Setra) ポリスが部屋に。。。

20140710175347b98.jpg


2014/07/03
理塘から移動ー。



朝05:30に起床して、乗合バンを探す。
同じ予定だったので、昨日から一緒の彼と同行。



乗合バンの場所を探して、色んな人に聞くも、違ったことを言う人もいるのか、正確な情報が掴めない。



そして、まだ暗いので、犬が走り回っててマジ怖い。
犬が来ると、康定行きの呼び込みのドライバーは車へ逃げ込みます。笑



私らは近くの店へ。



宿の人も、バスターミナルでチケットを買わないと行けないと言ってた人もいるし、その辺で捕まえろと言う人もいた。



しかも甘政まではあまりバスがないので、途中の新ろんという町で乗り換えが必要らしい。



とりあえず大通りの仙鶴賓館辺りをウロチョロして探していると、”甘政(ガンズー)!甘政(ガンズー)!”の声が!



キター!!いるじゃん甘政行きのバン!笑
しかも三菱、、、いや五菱製です。

20140710174538eba.jpg


2014071017453544a.jpg

速攻値段交渉。
120元(約2000円)だという。



まぁ、悪くない気がする。
大体9時間かかるのは知っているし。



値切ろうとするも断固拒否。
甘政行きは少ないようなので、この値段でOKすることに。



この後、乗客を集め、7:00に出発。



道は所々舗装されており、そんなに悪くなかった。



ここ短期間で舗装されているみたいだから、どんどん道が良くなっていくと思う。



途中の新龙には、12時に到着。
ここまでに公安の検問3回。



新龙では公安の署まで連行されて、パスポートチェック、訪問理由のヒアリング、いつもの書類記載がありました。


その他2回はパスポートチェックといつもの紙記載。



お昼ごはんを食べて、甘政へ。



ここの道もかなり舗装された箇所が多い。
所々ヤバイけど。



15時頃に甘政へ到着。



そして、すぐに「色達(スダー)!」と呼び込みの人が、車の窓から顔を入れてくる。



キタじゃん!今日中に行ける!
聞くと、70元(約1100円)らしい。



色達までは早ければ約6時間くらいなので、まぁそんなもんかと思いつつ、値段交渉するも、そのまま70元で決定。



まぁ他の現地の人も同じ値段だしな。



そして、チベット僧2人と他カムパ達を乗せて、出発。



このチベット僧は、LenovoのノートPCと、ライカのカメラ持ってた。しかもiPhone持ってる。



そして、ここからの道は最悪でした。
もう上下左右前後の揺れがかなりキツイ。



しかし!



景色は最高ー!!!!!



20140710174541308.jpg


20140710174539058.jpg


201407101745399aa.jpg


20140710175307345.jpg


201407101753041c3.jpg


20140710175303198.jpg


20140710175303511.jpg


20140710175302889.jpg


20140710175347b98.jpg


20140710175346048.jpg


20140710175344c38.jpg


201407101753430c0.jpg


201407101753413ae.jpg


途中1番景色が良いところで運転手が止めてくれました。



やっほーい!!



素晴らしい景色です。
聖なる山というのも頷けます。
晴天でよかった〜。



そして、流石にみんな疲れたのか、爆睡。


20140710175542baa.jpg



私は彼に寄りかかり、彼は私に寄りかかる。



そして、前のチベット僧は背もたれがない椅子なので、肩や腰を揉んであげる。


僧は、写真スポットを教えてくれ、お菓子をみんなに配ってくれる。



僕らは支え合って6時間の悪路を駆け抜けました。



そして、ようやく、色達へ到着。
そーいえば、公安の検問なかったな。逆に嫌な予感がします。



チベタンではセルタ、中国語ではスダと呼びます。



ここらでは、セルタのが一般になってきました。



そして宿探し。
バンから降りると、公安がどっしり構えています。



そして、老婆が近寄ってきて、宿はこっちだと。。。



色達の情報はSim's MAPにもありません。
青年旅舎もありません。



ここは、チベット色が強く、情報を掲載することに政府の圧力がかかっている。。。のかもしれません。
確かな情報はわからん。



だって、最大の見所のラルンガルゴンパさえ情報がMAPに無いのですから。



と、いうわけで、ネット上に記載されてある色達の情報も少なく、手頃な値段の宿の情報が無いので、とりあえず老婆についていくことに。



すると、何やら怪しげな通路へ。
2階へ上がると、ロビーらしき場所が。



とても優しく案内してくれたのですが、ここのロビーのソファーなら、20元でいいよ、と。



うーん、安いが、、、
とりあえず違う宿へ。



もう既に22時前。
とりあえず宿を探し回り、外国人だからと断られ、値段が高くて断り、5件目くらいで、

2014071017554417c.jpg


20140710175544470.jpg


中国語さえ通じない宿のオバちゃんと身振り手振りで交渉しながら、一人45元でツインルームをゲット。



まぁ多少高くても仕方ないし、綺麗なベッドとコンセントがあるだけでも良しとする。
本当に2人でよかった。



そして、晩御飯も食べ終わり、部屋で落ち着いていると、



コンコンコンコン。とノック音



開けると、、、



公安が5人くらいで部屋まで攻めてきた〜w



唖然。。。



何でここに外国人がいるんだ的なことを尋問される。



パスポートを見せて、トラベル中ということを話し、ちゃんと宿に登記もしていることを証明。


すると、公安のターゲットは宿のオーナー夫婦へ。



僕らは「追い出されたらどーしよっかー、さっきの老婆んとこ行くから」みたいな話をしながら、



宿のオーナーと公安が戦うこと一時間。。。




無事に泊まれました。




宿のオーナー夫婦は本当に良い方達で、戦いが終わった後も、嫌な顔ひとつせず、ニッコリと微笑んでくれました。



本当に謝謝。


後々聞いたが、翌日出会ったドイツ系の女性と、アメリカ国籍持ちの中国人のの女性が泊まっていた宿にも来たそうだ。


最近厳しいのね。


明日は、この旅で最大の目的の一つであるラルンガルゴンパに行く。



世界一周ブログランキングに参加中なので、気が向いたらクリックしてみてください^^↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
  • Date : 2014-07-10 (Thu)
  • Category : 中国
2

Comment

  1. まつだ

    まつだ

    2014-07-15 (Tue) 13:03

    Facebookでなぜかコメントできないのでこちらで。

    元気そうでなによりです。
    あそこの連中は職場で見ているやつが多いので
    まあコメントとかはできないんだけど、
    皆ちょくちょく訪れていますよ。

    沈没、楽しみに待っています。
  2. Yama

    Yama

    2014-07-17 (Thu) 12:10

    まつださん!
    嬉しいです!ありがとうございます!
    ちょくちょく更新するので、これからもぜひ楽しみにしてください^ ^
    たぶんキルギスで沈没して、サウナ行きますw


    > Facebookでなぜかコメントできないのでこちらで。
    >
    > 元気そうでなによりです。
    > あそこの連中は職場で見ているやつが多いので
    > まあコメントとかはできないんだけど、
    > 皆ちょくちょく訪れていますよ。
    >
    > 沈没、楽しみに待っています。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。