プロフィール

Yama

Author:Yama
25歳。
1年くらいいろんな国を回ります。
西回りでアジア~中東~アフリカ~南米あたりを。

の、予定でしたが、大分違います。

最新トラックバック
アクセス数
PVランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

78

ビシュケク (Bishkek) ウズベキスタンVISA取得!

2014/7/29
今日もビールがうまい!

IMG_2799_20140810045426010.jpg


そして、疲れもあったので、寝てました。


その夜、みんなで楽しく飲んでいたら、同じ部屋の怪しい日本人がフラフラしている。


酔ってんのかコイツ。
いや、目がキマッている。
ヤクか?


その夜、寝ていると、3時頃。


ジョロジョロジョロ。。。。


その音を聞いて、飛び起きた。


部屋で欧米人のベッドに向けて立ちションしている。。。


なんて奴だ。。。


その後も階段で転んだり、トイレでゲロったり、
夜中唸っていたりと、普通ではなかった。


同じ日本人として、本当に恥ずかしい。


オーナー曰く、たまにこうゆう輩がいるらしい。


そのほとんどが日本人だそうだ。


世界でも有数のストレス社会で生きていると言われる日本人。


ヤクやお酒に逃げずに、人生を気持ち良く楽しんでいきましょう。



2014/7/30


ウズベキスタンVISAの受け取り日だったので、VISA申請時に言われた15時にウズベキスタン大使館へ。


15時になる。


誰もいない。。。


インターホン鳴らす。


我々「VISA取りに来た山口とHさんと言いますが。」

あちら「電話でアポ取ってから来なさい。」

ガチャ。


カチーン。


なんだそのそっけない態度。笑


ピンポーン、ピンポーン。
もう一度鳴らす。


「あのー、3時に来いって言われたんだけど。」


「アポはありません。ニエット(ダメ)」


このやろー!!!


と、言うことで受け取り失敗。


むむむむむ。


なので、一旦宿へ。


そして、同じ宿に泊まっていた海外青年協力隊員に協力してもらい、電話でアポを取ることに。


明日10時に来いと。


ほぉ。。。申請と勘違いされてないか不安になる。


が、隊員がもう一度電話して、確認してくださいました。


ちゃんと2人のVISAが用意されているようだ。


これで安心か。


そして、翌日。


2014/7/31


朝10:00にウズベキスタン大使館へ。


今度こそ受け取ってやるぜ。


名前が呼ばれる。


元気良く返事をする。


私達の前のアメリカ人達が、VISA代を払う際、お札が汚いと言われ、拒否られるw


なんだそりゃー!
そんな話聞いてないぞ。


近くの日本人が新札を貸してあげて、無事に取得完了出来たらしい。


そして、私達の番。


用意していた20ドル札は汚いと言われ、却下。


むむむ。


仕方ない、綺麗な50ドルを出す。


すると、OKらしく、処理をし始めた。


相棒のH氏が日本語で暴言を吐き捨てるも、無事にVISA取得完了。


やったー!


申請から8日だから早い方だと思います。


そして、宿へ戻り、明日からのキャンプに向けて、日本人カップルさんと準備をした。


3,4泊をテント泊し、チョンキミンという谷間の集落から、バルクチへと山を越えるマイナールートを予定している。


山を越えたらイシククル湖が見えてくるという、なんともドラマチックなシチュエーションになる予定だ。


もちろんテントは1〜2人用だが、3人でもなんとかなるだろう。


うん、楽しそう。


感動する景色は結局は主観なんだから、自分で作るものだ。


やはり、苦労しないと、感動は生まれないでしょう?


ただの湖だって、苦労して超えた山の先に見えたら、まるでロードオブザリングのエルフの里の様だろうよ。


さて、登山道もあるかわからん、村の情報もほとんどない。


行き方もよくわからん。


そんな感じで行ってみよっー。

世界一周ブログランキングに参加中なので、気が向いたらクリックしてみてください^^↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。