プロフィール

Yama

Author:Yama
25歳。
1年くらいいろんな国を回ります。
西回りでアジア~中東~アフリカ~南米あたりを。

の、予定でしたが、大分違います。

最新トラックバック
アクセス数
PVランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

85

タシュケント(Tashkent) ウズベキスタン入国完了


2014/8/8

前日、ビシュケク20:50発のバスに乗った。


00:00頃キルギス出国の国境。

IMG_3086.jpg


バスから降りて一息つこうとタバコを吸うと、早速警察に捕まる。


タバコを吸うと、捕まるらしい。笑
欧米人も1人やられている。


ヤバイ、今回はイザコザやってる時間がない。


しばらく話すと、賄賂の身振りをしてきたので、めんどくさいので、2000ウズベキスタンソム(100円くらい)を渡してみる。


ウズベキスタンソムのお金の価値がわからなかいらしく困っていたが、あっけなく解放してくれた。


そして、イミグレは、大混雑。


原因は窓口の少なさと要領の悪さと、人の多さ。


まぁ旧ソ系の陸路国境は大体こんな感じと聞いていたし、気長に待つ。


次は、カザフの入国。


これもまた大混雑。


順番なんてあるわけなく、早いもんがちで、抜かしたもんがち。


まぁ別に急いでないので、流れのままに。入国カードをその辺の人に教えてもらって書いて、無事に通過。


カザフに入っても国境付近での警察の前でタバコ吸うのはNGとのこと。


すぐ捕まって賄賂要求だそうです。
日本でも路上タバコ取り締まりまくれば儲かるかもね。


新宿とかでやればいいのに。


そして、バスが国境を越えるのを待ち、再乗車。


国境での所要時間は約2時間。。。


その後、バスは朝9時頃まで走りつづける。カザフのシムケントを通り過ぎて、ウズベキスタンの国境手前まで行きます。


そうそう、これ直接キルギスからウズベキスタンへ行くルートではないんですよ。


そう、一回カザフに入らないといけないんです。


ついこの間日本人はカザフをVISA無しで15日滞在出来るようになったので、とても助かりました。


そして、国境の少し手前で降ろされ、現地の叔母さん達とシェアタクシーで1人2000ソム(100円くらい)で国境へ。


タクシー乗り場で様子見とかして、乗り遅れると、3倍くらいの値段ふっかけられるので、すぐに現地人の乗合者捕まえるのが良いですよ。


頑張れば歩いても行けそうだけど、30分以上かかりそう。


国境手前に税関申告書を有料で書いてくれるオバちゃん達がいますが、スルーして、大丈夫です。


こういうのは大体、後ほど、自分で書けるので、大丈夫です。


この時点で9時半くらいかな。


そして、カザフ出国のイミグレ。


これまた大混雑。


我先にと、おしくらまんじゅう状態です。


で、ここで、偉そうな奴に賄賂を渡すと、早く通してもらえます。


私の前の欧米人がやってました。


私はこっそりその人達について行ったら仲間だと思われたらしく、並ばないで行けました。


そのあとしばらく窓口に並んで、無事に出国。


そして、次はウズベキスタン入国です。


これがめんどくさい。


税関申告書を2枚書くのが非常にダルい。


てか、ロシア語で全くわかりません。英語はありません。


空港だと英語表記あるそうですが、陸路の国境には見当たりませんでした。


その辺の人達に必死に聞き周り、オバちゃんが1人付きっ切りで教えてくれました。


わからない所は書いてくれました。
ロシア語で書いてくれているので、もはや何を申告しているのか不明です。


持ってるお金の種類と金額とか、PC,携帯,カメラは正直に書いておいた方が良いでしょう。
これは自分で書きました。


事前に書き方をネットで調べとくのも効果的かと。


荷物検査を念入りにされる時もあるようですが、すごい適当だったので、特に何も確認されませんでした。


念入りにやられてた人も見ましたが。


そして、入国完了。


税関申告書のもう一枚は出国時に必要になりますので、要保管。


入国するとすぐに、タクシーの群れが。。。


タシュケントまで10ドルやら20ドルやらふざけた値段をふっかけてきます。


30分くらい歩くと、バスターミナルがあり、マルシュでいくと、1000ソム(50円)で、タシュケント市内まで行けました。



地下鉄の駅近くが終点だったので、そこから地下鉄でタシュケント駅を目指します。



地下鉄に入る時に荷物検査、改札をくぐる時も荷物検査です。



見事に荷物検査に引っかかりました。



どうやらキャンプで使ってたガスが危険物とみなされたようです。



でも嫌な感じはしなかったです、ちゃんと仕事してる感じしたし、お金取られそうな雰囲気もなかったです。


終始和やかなムードでした。


なんとなく、キルギスより治安が良さそうな感じです。


チケットの払い戻しも教えてくれたし。


そして、バスで行けば?と言われます。


バスはまだよくわからないので、次の駅まで歩きます。


次の駅では荷物検査をパス出来ました。


まぁこうゆうのは人によって甘かったりするし。


ガスはいずれどこかで処分しないと。


タシュケントでは、地下鉄が便利で、一律1000ソム(50円くらい)。

IMG_3091.jpg


IMG_3090.jpg


3本のラインが走っていて、乗り換えも出来るので、タシュケント駅に行くのも便利で早いです。


路線図が地下鉄構内に張ってあるので、maps with meとか、Google mapと照らし合わせると、すぐに使い勝手がわかるかと。


そして、タシュケント駅でウルゲンチ駅行きの電車のチケットを購入します。


ヒヴァという町に行くにはウルゲンチが最寄り駅なので。



チケット売り場の要領悪くて、一時間くらいかかるので、時間は余裕を見てください。


チケットは、72000ソム。(3300円くらい)
高いなー。これ良い席のやつなんかな、多分。。。当日で安いのがないのだろう。
(二等寝台でした。)

IMG_3095.jpg


まぁとりあえず今夜の夜行列車のチケットは確保したので、宿はいりません。


身体は泥だらけで、汗まみれですが、あと一日の我慢です。


電車まで、近くのカフェで充電させてもらったり、駅近の闇両替でドルからソムに変えたり、まったーりしてました。


銀行より、その辺の両替商がレートよく交換してくれます。
(だいたい1ドル2800スムとかで)
良いレートだと、3000スムかな。


自国通貨の信用があまり高くないみたいですね。


ドルもけっこうどこでも使えます。
むしろドルを欲しがるくらい。


1ドル3000スムで計算してくることが多いので、全部をスムに両替しないほうが便利かもですね。


宿とかはドル払い限定のとこもあったりするらしいので。


ウズベキスタンはインフレ通貨なんで、100ドルで、200枚くらい札束が来るので、財布は無意味です。


数えるのが大変。
もう輪ゴムでくくるしかありません。


とりあえず両替も完了したので、電車へ。


駅とか電車とかは写真禁止らしいです。見つかると消されたりめんどくさいので、今回はあんまり撮ってません。
一枚だけ。

IMG_3092.jpg


観光地の写真は全然平気なんですけどね。


これから1週間という弾丸でウズベキスタン周ります。


世界一周ブログランキングに参加中なので、気が向いたらクリックしてみてください^^↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。