プロフィール

Yama

Author:Yama
25歳。
1年くらいいろんな国を回ります。
西回りでアジア~中東~アフリカ~南米あたりを。

の、予定でしたが、大分違います。

最新トラックバック
アクセス数
PVランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

89

サマルカンド (Samarcand) 念願の中央アジアの青の町

IMG_3232.jpg


2014/8/12

サマルカンドには朝5時すぎに到着。

あー、早すぎてマルシュもあんまり走ってないし、タクシーはボラれるのがオチだし、


せっかくなので、旧市街の目的地のホステスまで8kmくらい歩いてみることにした。


特に何もないです、ハイ。
新市街は、こ綺麗な町並みで、住宅街っていう感じかな。

IMG_6262.jpg


IMG_6267.jpg


サッカー場なんかもありました。


2時間くらいで旧市街のホステル FURKATへ到着。

IMG_6247.jpg


散歩帰りのオーナーさんと丁度入り口で会ったので、そのままチェックイン。


ドミトリー8ドルです。
もちろん朝食付き。


なんか普通の部屋が満室らしく、仮部屋みたいなとこでしたが、まぁそんな汚くなかったです。



シングルは15ドルらしいです。
朝食はみんな一緒。
豪華な部屋もあるらしいですよ。



朝食は豪華ですが、美味しくはないです。
美味しいのは蜂蜜とフルーツくらいかな。

IMG_3220.jpg


でもたぶんここが一番安く泊まれるし、オーナーさんは良い方です。


たまにドミトリーが無いとか嘘をつくらしい。笑
特に2人組とか団体だと言われるらしいです。


んで、早速街へ散策へ。

IMG_6282.jpg


世界遺産にも登録されているレギスタン広場。


P1016278.jpg


IMG_6408.jpg


IMG_6398.jpg


IMG_6282.jpg



でかい、圧倒されます。
そして、色、形、共に美しいです。


かつての繁栄した頃が目に浮かぶようです。


サマルカンドが青の街と呼ばれる由縁は、これらのイスラム建築です。


これらの建築物はかつて(1200年過ぎくらいだっけ?)チンギスハン率いるモンゴル軍が進行した時に全て壊されました。


と、同時に町の人口の3/4が殺されたそうです。


その後1600年代にティムールという人が率いて建築群を再建したんですってさ。


ここらに住む人たちの先祖のソグド人達はきっと、商才があり、芸術の才に優れていたのだと思います。


ちなみに入場料は16200スム(700円くらい)



早朝や夕方は警察がいなかったりするので、何か普通に入れちゃいましたが。。。よかったのかな。



せっかくだから、ちゃんと入ろうと思ってたのに。



そのあと、グレ・アミールとその周辺や、


IMG_6272.jpg


IMG_6258.jpg


中央アジア最大のモスクヒビハニム・モスクを周り、


IMG_6437.jpg


なかなか迫力があったな。
入場料は10000スム。
入ってないけど。


どこも装飾が素晴らしい

IMG_6416.jpg


IMG_6432.jpg


IMG_6414.jpg


シャブ・バザールへ。

IMG_6334.jpg


IMG_6322.jpg


IMG_6319.jpg


IMG_6326.jpg


IMG_6328.jpg


IMG_6341.jpg


IMG_6337.jpg


IMG_6336.jpg


ここでは、サマルカンドナンがいっぱい売ってます。

IMG_6339.jpg



中国のカシュガルあたりから徐々にナンが登場してきましたが、地域ごとにナンの種類は全く違いますね。


ヒヴァではもっとフワフワのやつでしたが、


サマルカンドでは、けっこう硬めの表面がテカテカしてるナンで、蜂蜜とか練りこんであったりするやつもある。


焼きたては中身もフワフワで美味しいんですが、冷めると固いです。


チャイや、スープに付けて食べるのが美味しいです。


その他にも蜂蜜や、丸っこいチーズみたいなやつ(これマジで不味いw)。


香辛料も多いですね。


シャブ・バザールでも歩いてると、気さくに声をかけてくれて、試食とか説明とかしてくれるので、楽しいです。



夜はビールにラグマンに、スープにサマルカンドナンで。

IMG_3219.jpg


そんな感じ


世界一周ブログランキングに参加中なので、気が向いたらクリックしてみてください^^↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。